新聞情報

日本ビル新聞1215号(2020年11月16日号)

●厚生労働省は10月30日、令和2年の就労条件総合調査の結果を公表した。1企業あたりの1日の平均所定労働時間は7時間47分、ビルメンテナンス業や警備業が含まれる「サービス業」は7時間45分となっている。完全週休2日を採用している企業の割合は44.9%だった。

●厚生労働省は10月29日、令和元年度の「国の機関等における障害者就労施設等からの調達実績」を公表した。令和元年度の調達実績の合計額は193億3400万円で、6年連続で過去最高を更新した。

●(一社)日本空調システムクリーニング協会(JADCA)は12月23日、東京・千代田区平河町のホテルルポール麹町で「コロナ対策換気セミナー」と題した建築物環境衛生セミナーを開催する。

●大成㈱はアバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics㈱と、アバターロボットugo(ユーゴ―)を活用した、次世代DX(デジタルトランスフォーメーション)警備ソリューション「T-spider」の提供を開始する。

★ペンギンワックス㈱は新型コロナウイルス感染対策として、日常清拭作業に適した中性除菌洗剤「オレンジニュートラルSE」と顆粒タイプ塩素剤「ネオクロールスティック」を発売した。どちらもアルコール系製品と比べコストが安く経済的。

 

お問い合わせ・お申込みはこちらからご連絡ください。担当者が折り返しご連絡いたします。

  • 0333610111
  • 0333610111
  • お問い合わせ・お申し込みフォーム
ページトップへ