新聞情報

日本ビル新聞1201号(2020年4月6日号)

●昨年12月、改正警備業法が施行され、警備員の欠格条項(資格喪失要件)から「成年被後見人及び被保佐人」が削除され、これまで各種の申請や届出の際に必要とされていた「登記事項証明書(成年被後見人及び被保佐人であるかどうかを確認する書類)」の提出が不要となった。

●(公社)全国ビルメンテナンス協会と(一社)日本能率協会は、昨年11月13日~15日に共催した「ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2019」の結果報告書を発表した。出展者のアンケートの集計結果によると、約70%が出展成果が高いと回答した。

●セイワ㈱は、同社製品のキャッチコピーを募集している(製品の選択は自由)。採用された作品には、賞品としてセイワの「マイクロス」(詰め合わせ10枚入り)がプレゼントされる。

●羽田空港は国際線の増便に伴い、第2ターミナルに24時間運用の国際線施設を増築、3月29日に供用を開始した。同施設の清掃管理などを担う日本空港テクノ㈱(JATEC)は、新たに設けられたチェックインカウンター周辺のカーペットメンテナンスに、㈱リンレイのシステムを導入した。

★シーバイエス㈱は、業務用フロアシール剤「サスティナソリッドシールトラフィック」を発売した。耐薬品性、耐油性に加え、耐ヒールマーク性を追求しており、駅ビルやスーパーなど歩行量の多い現場に最適。現場の作業を軽減し、省人化が図れる。

お問い合わせ・お申込みはこちらからご連絡ください。担当者が折り返しご連絡いたします。

  • 0333610111
  • 0333610111
  • お問い合わせ・お申し込みフォーム
ページトップへ