新聞情報

日本ビル新聞1197号(2020年2月3日号)

●㈱東急コミュニティーと㈱リンレイは、オフィスビルにおける清掃の品質向上を目的に、東急コミュニティーの研修施設「東急コミュニティー技術研修センターNOTIA」でケミカル材を使用した清掃ロボットの実証実験を開始した。

●厚生労働省では、女性活躍・ハラスメント規制法が施行される6月に向けて、職場のハラスメントをなくし、気持ちよく働くことのできる職場環境をつくる気運を盛り上げるための一環として、職場のハラスメント対策のキャッチフレーズ大賞を発表した。

●大成有楽不動産㈱は独立行政法人日本スポーツ振興センターが昨年11月末、東京都新宿区に竣工した新スタジアム「国立競技場」の施設管理業務を受託、12月1日から管理を開始した。

●昭和建物管理㈱は名古屋国際会議で「業務改善事例発表会 全社大会」を開催、各地で行われた予選会(参加75チーム)から設備部門8チーム、清掃・サービス部門8チームの計16チームが選出され、それぞれの業務改善事例を発表した。

★㈱栄豊シッピング商事部が販売するダブルアクショントリガースプレー「マーキュリー」は、トリガーハンドルを握ったときはもちろん、離したときにも連続噴射するので、噴射作業の短縮と塗布量アップが図れる。中性液剤対応の「クリーニングプロ360」とアルカリ性液剤対応の「アルカライン」の2タイプがある。

お問い合わせ・お申込みはこちらからご連絡ください。担当者が折り返しご連絡いたします。

  • 0333610111
  • 0333610111
  • お問い合わせ・お申し込みフォーム
ページトップへ